SSブログ

ホンダF1の買収先は? [F1]

日本メディア発のニュースでも買収先として3つ、いや20と複数の数字が飛び交っている。


ニック・フライ(ホンダ最高経営責任者)
 「我々に残された時間は少ないが、これまでの12時間の間に、3件のチーム購入に関する問い合わせがあった。いずれも真摯なものだ。我々は開幕戦のメルボルンに行くことをまだ望んでいる。我々のチームには700人のスタッフが働いているが、現在、みな通常どおりの勤務をこなしているところだ」(AUTOSPORT)
 「この12時間のうちに3人の真剣な候補が、チームを買収したいとの意向を伝えてきた」(共同)


主な買い手候補
・プロドライブ社のデビッド・リチャーズ
 スバルがWRCでワークス活動をやっていくにあたって1989年より組んだレーシングチーム運営企業。スバルのWRC撤退を受けF1購入先としてありえるか?

・PSAプジョーシトロエン
 ウワサが上ったが翌日(12/17)に購入否定

・ドバイ・インターナショナル・キャピタル(DIC)
 今年前半にスーパーアグリの買収話が進んでいたが紙切れ一枚で破談にした会社

・他多数
 上に上げた企業もメディアの情報であり確約の取れる話ではない
 その他の企業についても現在、状況は不明である


【2008/12/05・日刊スポーツ】F1撤退ホンダ買収に3人名乗り上げる
http://www.nikkansports.com/sports/motor/news/f-sp-tp2-20081205-437155.html

【2008/12/10・産経新聞】F1ホンダ買収にオファー20件 売却問題は早期決着か
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081210/biz0812100127001-n1.htm

【2008/12/16・AUTOSPORT】フランスのPSAがホンダ買収を検討とのウワサ。ドライバーはバトンとブルデーに?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081216-00000001-rcg-moto
↓(上の記事を受け完全否定)
【2008/12/17・F1-Live.com】プジョー、Hondaチームの購入を否定
http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/081217052337.shtml

【2008/12/17・レスポンス】4人がシートを喪失 - ニュース - モータースポーツ
http://autos.yahoo.co.jp/news/detail/2/117930/
 記事中にプロドライブ社リチャーズ氏の話あり

 


フライ、ホンダ撤退後のチーム存続に希望的観測

 ホンダレーシングF1チームのCEOだったニック・フライは、5日に本田技研本社がF1撤退の決定を下したことを受けて、チームの買い手が見つかり、2009年の開幕戦のグリッドに並ぶだろうと期待していると語った。

 日本で5日の13時半から開始された記者会見で、ホンダレーシングF1チームのF1撤退が発表され、昨今の経済危機がその原因とされている。記者会見でホンダはF1チームの売却を目指して活動を始めるという旨の発表がされたが、もしそのままチームの買い手が見つからなかった場合、チームは廃業に追い込まれることとなる。そんな中、チームには“重大な”関心が寄せられている、とチームCEOのニック・フライはIBBCラジオファイブの生中継で語っている。「チームの買い手探しは続いており、ファクトリーでは通常どおり業務が続けられている」とフライは語る。

「我々に残された時間は少ないが、これまでの12時間の間に、3件のチーム購入に関する問い合わせがあった。いずれも真摯なものだ。我々は開幕戦のメルボルンに行くことをまだ望んでいる。我々のチームには700人のスタッフが働いているが、現在、みな通常どおりの勤務をこなしているところだ」

「我々は3ヶ月の間にスタッフとともに協議を重ね、会社の未来を決定しなければいけない。その間に、チームが買い手を見つけられると望んでいる」とフライ。

 またフライは、チームの有力な買い手に対し、2009年に向けてロス・ブラウンのもとで設計され、RA108から大幅な進歩を遂げたマシンについて「魅力的なオプションだろうと感じている」としている。「チームの価格については議論を重ねなければいけないだろうが、これまでのような機能が停止したF1チームではない。このチームは資金を供給するべき最高のチームのひとつだ。F1の中でも最高のリソースがつぎ込まれた素晴らしいスタッフに、ロス・ブラウンが設計したマシンがある。我々は誰にとっても望ましい遺産だろう。我々は今季、ロスのもとで2009年を見据えてマシンを設計し、来季には大きなステップアップを期待できる。誰にとっても良い機会を提供できるだろう」

 チームのドライバーに関して、日本での発表では大島裕志広報・モータースポーツ執行役員は「ジェンソン・バトンについては契約解消に向けて手続きをとる」としているが、フライは「買い手が見つかればチームに残ってくれると思う」と語る。ふたりめのシートについては「いまだ未定」としている。

 フライはバトンに関して「ジェンソンにはチームとの契約がある。そして、新たなチームオーナーが見つかれば、彼が再び契約の残りを果たしてくれるものと期待している。ジェンソンは多くの年を我々のチームで過ごし、重要なポジションを担ってきた素晴らしいドライバーだ。ジェンソンはチームの大きな強みであり、チームをもっと魅力的にしてくれるだろう」と語っている。

[オートスポーツWEB 2008年12月5日]
http://www2.as-web.jp/
タグ:F1
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます