SSブログ

床下の小人たち=借りぐらしのアリエッテイ [読書]

先週の火曜日、劇場版「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。
レイトショーでもいつもより人が居るかなーという感じでした。

アニメ映画は昨年末の「ONE PIECE」以来でした。
小学生の頃ならまだしも一年以内に2回もアニメ映画を観てしまう自分に驚きも。

物語ですが私は楽しめました。
小人・アリエッティから見る人間の世界の広大さが分かる場面が特に、
自分もその場面に居られたらと思ったほど。

来年でしょうが、Blu-ray化されたら購入確定です。

20100804pamphlet.jpg
パンフレットより

パンフレットに米林宏昌監督の話が載ってました。

20100804pamphlet2.jpg
パンフレットより

エンディングまでいくとなんだか「物足りない」という気持ちが出てきましたが、
それも当然、原作5巻の内の第1巻の途中までが映画化された形のようでした。

さてさて興奮も覚めやらぬ内に原作本のメアリー・ノートン「床下の小人たち」買いました。
これから読もうと思います。

20100804book.jpg
原作本「床下の小人たち」
 



床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: メアリー ノートン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます